EXILE ÜSA 大分・宇佐神宮で即興の和風ダンスを奉納!

2016/03/22 11:10
 

3月21日、大分県宇佐市にある八幡総本宮の宇佐神宮で、市の観光PRキャラクター「ラッキーウサ」の生みの親である EXILE ÜSAがダンスを奉納した。
 
 
宇佐市の市町合併から10周年の記念イベントで、白い衣装のÜSAが和風にアレンジされたEXILEの楽曲に合わせ、即興で踊りを披露。八幡宮の「八」をイメージしたダンスで、集まった参拝客やファンらおよそ1,000人を沸かせた。

ダンスの後、ÜSAは「名前に縁がある大好きな場所。世界が幸せであるようにと願いを込め、集中して良い踊りができた」とコメントした。

また、インスタグラムでは、「宇佐八幡宮にてダンス奉納してきました☆快晴でとても気持ち良かった」とメッセージを添えて画像を公開。

ファンからは、「USAさん、やっぱカッコいい~」「ダンスを奉納…素敵ですね」「パワーいただきました」「めっちゃ行きたかった」などとコメントが寄せられている。

こちらは宇佐市観光PRキャラクター「ラッキーウサ」。
 
 

リリース情報

2016.04.13発売 『EXILE LIVE TOUR 2015 "AMAZING WORLD"』
 

関連記事